学校番号 6
さいたま市立東浦和中学校
〜 みどりとほほえみの東浦和中学校へようこそ 〜

学校長あいさつ

さいたま市立東浦和中学校 
校長.....   石川 賢一
 


 この4月1日から、 柳澤 登紀男 前校長先生の後任として、本校に着任いたしました。保護者、地域の方々や諸先輩方の本校に対する熱い思いや期待に応えるべく、邁進していく所存です。
 保護者の皆様、地域の皆様の本校に対する引き続きのご支援・ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

 本校は、昭和22年4月1日新学制の実施により、旧浦和市立尾間木中学校として創立いたしました。昭和31年4月、校名を東浦和中学校と改名し、平成2年4月1日には新たに尾間木中学校が設立され分離独立いたしました。更に、平成13年5月1日浦和・大宮・与野の三市合併に伴い、「 さいたま市立東浦和中学校 」となりました。地域・保護者の力強い支えを基盤とし、日々の生徒・教職員によるエネルギッシュな学校教育活動により、今年度72年目を迎えた伝統ある学校です。
 平成30年度は、新入生185名、新2年生191名、新3年生182名、生徒合計558名で、さいたま市立東浦和中学校のスタートいたしました。
学校教育目標  夢を追え、自らを高めよ 
             ― 学べ ・ 磨け ・ 輝け ―

 この学校教育目標の下、
  ○ 教育目標の具現に迫る学年・学級経営の推進
  ○ 基礎・基本の確実な定着と確かな学力の向上
  ○ 健やかな心と体をはぐくむ食育の推進
  ○ 生徒指導・教育相談の充実
  ○ 地域に開かれた特色ある学校づくりの推進
  ○ 子どもたちの成長を支える教育環境の整備・充実
  ○ 小・中一貫の推進     
                           を柱に、学校教育を進めてまいります。

 今年度は、「寄り添い 導き 見届ける指導の実践」を教育実践の根底とし、生徒たちのよりよい成長のため、教職員一同が力を結集し、教育活動をすすめてまいります。
 保護者のみなさま、地域のみなさま、30年度もどうぞよろしくお願いいたします。